2006年7月 8日 (土)

心の成長期の相棒

Dscf0020 Dscf0035

Dscf0028

                      

         

   

 

 

 

 

 

    

    

     

     

 実はワタクシ、かつてはギター小僧でした。

最近バイトが忙しく触ってませんでしたが、さっき弦を張り替えてあげました。

10代の頃に一括で購入したGibson-J45

ピックガードはオリジナルです。

というかスタッフォードの模倣ですが。。。。

素敵な音色を奏でてくれるコイツは一生モンです!

ほかにもテイラー、スタッフォード、ヤマハ、ヤイリ、マーチン、モーリス、キャッツアイ、スタッフォード、いろいろ弾いたけど、コイツが一番好きです。

俺の気持ちを表してくれるギター。

楽しいときには楽しい音を、悲しいときには悲しい音を。

そういう風に弾いているつもりはないけど、そのときの気持ちを如実に現す俺の鏡。

素敵なメロディと自分の気持ちを奏でるギター。

はぁ。

小6からはじめたギター。

こいつでメシ食うぞなんて思っていた10代。

気づけば触ってあげることがどんどんなくなっていた。

これを弾きながら大人になっていったんだなぁ。

ちなみに今日は甘酸っぱいメロディでした。

このほかにも何本かギター所有してます。

エレキが3本、アコギ1本。

ベースも所有している時期もありました。

打ち込みもやってました。

アコギから入って、ミスチルでコードを覚えた初期。

ギター上達の為に始めたエレキではGLAYとラルクを。

バッキングもソロもそれなりに弾けるようになった中期。

夢をあきらめた後期。(笑)

才能のなさと限界に気づいたたわけです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ギターを弾くようになってからは、音楽バカになってしまいました。

友達と会話しても、

『あのソロはないね。』

『あの曲はなさけないバンドの音だ!』

とかいってマジ今思い出してもウザイと思う。

どうしても普通に聞けないんですよ。

同じ演奏者としての目線、同じバンドマンとしての目線で分析してしまうのです。

頭固かったな。

あの頃はアンチ小室ファミリーだった。

ダンスミュージック、HIP-HOP、R&Bのビートに拒否反応を示してました。

今はそういう壁はなく何でも聞けるようになりました☆

まだまだ音楽の幅を広げていきたいし、ギターも歌もうまくなりたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)